佐渡国際トライアスロン【バイク編】

オッス!おら、カボスだ!

佐渡国際トライアスロンのバイク編ですが、

なかなか時間がとれず、記憶も薄れてきました。



トランジションで補給食を背中のポケットに詰め込み、

バイクに飛び乗りました。

このレースでの補給食は「ここでジョミ」のみ。

10K毎に一袋を補給するので、計19個用意しました。

それ以外は、水のみ。

それで大丈夫なのだ〜。

ペダルを漕ぎ始めると、左下の腰が「ズキズキ」痛む。

「マジっ」

今までに経験したことがない痛み。

重いギアが踏めない。軽いギアも痛い。

上りも無理っ。

一番軽い、ローギアでごまかしながら、前に進む。

後ろから抜かれた。えっー!

「佐渡まで来てリタイヤ」

そんなことも考えた。

腰を「モミモミ」マッサージしたりして、

次第に痛みが緩和されていった。

復活っ!

この時点で、20Kぐらい。

大きくタイムロスした。

やっと、いつものようにアウタートップで「グリグリ」進む。

しかし、なかなか前が見えない。

ようやく40Kぐらいで飯田選手をパスする。

ここから次々とパスし、2位だった今枝選手を抜くっ。

よしよし。

先頭はもうすぐのはずだ。

最初は出遅れたが、いい展開になってきた。

ん?

行っても行っても先頭は見えません。

両津港の100K地点で、先頭との差は10分と教えてもらう。

先頭は「金田一選手」。

すげぇ〜はえっー!!!

オラもこっから、ペースアップや!

補給のタイミングを逃さないように、きっちり「ジョミ」しました。

やっぱり、利くね〜。

後半から体力・気力が充実していくのがわかった。

小木からの2.6Kの急坂も、

アウターで「グイグイ」いけた。

しかし、今日は暑かった。

エイドでボトルをもらって、

水を頭にかけるの繰り返し、すぐに渇くっ、すげぇ〜暑い。

180Kからはゴールまでフラットなので、

ランに備えて脚を温存モード。

最初はリタイヤまで考えたが、

190Kの距離は思ったより短く感じ、

佐渡の景色を観て感動して、最後までこれて良かった。

バイクトランジションのところで、

日本選手権のレースを終えた「篠崎選手」達が応援してくれて、

先頭との差は「12分」と教えてもらった。

おっ!

後半はいい感じで走れたようでした。

さぁ!ここから得意なランへ向かいますっ!

やるぞー!
と気合いが入った。
d0060984_0341974.jpg


タイム:5時間40分(2位)アベ33.8Km/h
いつもありがとうございます。
↓お読みになりましたら、クリックお願いします。
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村

Twitter Icon
by Twitter Icon
[PR]
Commented by yamamoto at 2010-09-11 13:54 x
こんにちは!
補給はジョミのみっての見てびっくりしました。
それだけ効くってことですよね。
Commented by s_416 at 2010-09-12 01:39
yamamotoさん、こんばんは。
試してみる価値あると思いますよ。
by s_416 | 2010-09-11 00:41 | レース | Comments(2)

大分県のかぼす君(秦陽一郎)がトライアスロンに挑戦します 目指すはアイアンマンハワイで表彰台


by s_416
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31